2017年03月26日

チョコとランチ

18日、浜松市引佐にある天子屋(アマコ)さんへ、チョコを譲って頂いたAさんとランチに出掛けました。
蕎麦・うどんをいただけるお店です。
他の方のブログで何度か見て、一度いってみたいなあと思っていたお店で楽しみにしてました。

11時開店で、12時少し前に到着。
1.JPG

お客さんがいっぱいなので、入り口の順番予約表に記入して順番を待ちます。
ワンコと同席できるのはテラス席のみなので、予約表のテラス席に○をして、店の外を回ってテラス席の方で順番を待ちます。
2.jpg

テラス席は一組待っていたので、オシッコタイムも兼ねて近くを散歩して、母犬PALちゃんと撮影。
3.JPG
お店の脇道は車もそれほど通らず安心して散歩ができます。

テラス席に入りました。座席は6〜8人用の大テーブル2つと
カウンター式(外の景色を見ながら座る感じ)2〜3人掛け席が3つです。
4.jpg

テラス席は皆さんワンコ連れの方々。
初めてのところが苦手なチョコはまずカウンター下へ。暫く様子を見てから外へでてきました。
5.JPG6.JPG
ホンとに緊張しいだねえ。

チョコ父は「さくら天とじ丼+かけうどん」を注文。
出来上がりまで、チョコにはこちら。
7.JPG
ワンコに嬉しいおやつ。だしを取ったあとのかつお節だそうです。(無料)
おかみさん曰く、魚の脂分が抜けているのでワンコおやつに丁度いいとか。
レジで販売していないのか尋ねていたお客さんもいらっしゃいました。

そのぐらい、他ワンコの食いつきはいいようなのですが!!緊張しちゃうチョコさん。食べません。
ちぎって掌にのせても、口に含んでペッ。(おかみさんすみません。
じゃあと、持参した、いつものおやつを出しましたが、やっぱりこれも食べませんでした。

チョコ父の注文が出来上がりました。おいしそうです。
8.JPG

さあ食べようと箸を持つと、チョコが足元に来て、お座りして鼻先でツンツンと催促。
ホントに食べるの?と疑いつつ、汁気を取ってちょこと切って差し出すとペロッと食べちゃいました。
で、鼻ツンツンでおかわり要求するので、またちょこっと切って出すと、ペロッと。
9.JPG
これならかつお節もいける?と出すと、ペッと床へ。なんだかなあ。
チョコ父と同じものを頂きたい派?チョコ父は何か嬉しいけど。人間の物は余りあげられないなあ。

会計を済ますと、おかみさんから「願い事を書いて飾っていってね」と桜の短冊?を頂きました。
チョコが健康で長生きできるよう大きく書いて、空いたスペースに家族も健康で…と書いて、
入口の木?に縛ってきました。(チョコ、長生きしてよね)
10.JPG

せっかく遠出したので、帰りに公園に寄って散歩して帰りました。
11.JPG12.JPG

公園の散歩はゆったり歩けていいですね。桜も満開できれいでした。
13.JPG14.JPG

芝生で走ったり、公園を1.5周ぐらい歩いたかな。
15.JPG
チョコと走ってる画像はないので、AさんとPALちゃん

家に帰ってから、お店に来ていたお客さんからもらったおやつを出すと、ペロッと全部食べました。
16.JPG
なんだかなあ。

天子屋さんのうどんは、だしがしっかり出ていておいしかったです。
セットの丼も桜えびの風味と卵とじの味付けがマッチして良いお味でした。
是非、また行きたいと思います。チョコもうどんおいしかった?
17.JPG
今回はチョコ母は仕事で行けなかったので、次は一緒に行かないとね。

高山旅行のホテルでチョコと一緒に食事しましたが、あの時は座席のバスケットにインした状態。
初めて座席の傍に待機するスタイルの食事で、どうなるかなあと思ってましたが、
うどんに釣られたのもあって、ウロウロすることもなく落ち着いて食べられました。
これなら他のお店に行っても大丈夫かな。
posted by CHOCO at 14:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

チョコとの出会い (再アップ)

先週水曜にアップしたチョコとの出会い話。ちょっと内容を修正して再アップしました。

自宅も周囲でも犬のいる家はなく、チョコと暮らすまで犬と関わることなく生きてきました。
動物好きで子どもの頃は動物番組をよく見てました。「野生の王国」「わんぱくフリッパー」「名犬ラッシー」・・・。散歩中、チョコを見てラッシーって言う方がまだいます。あの番組の影響は大きいですね。
チョコ父も、コリー・・・と言うよりラッシーを飼いたいって真面目に思ってました。

私の出番ですか・・・  まだだよ。
1.JPG

でも、現実は厳しくて、家に余分なお金はないし、あの大きな犬を飼うスペースもありません。
コリーの小型版の犬種があることを知り、この犬なら飼える!と思ったのが中学の頃。
(コリーとは気質が違うことを知ったのは大人になってからですが)
社会人になっても、転勤のある職場なので、ずっと飼うことができずにきました。
異動もしましたが運良く浜松に戻れ、年齢的にもう異動はない(あっても断る)状況になったのと
子供たちが皆、県外へ就職・進学し夫婦だけの生活になったことで決断しました。

いよいよ登場! ・・・ まだですよ。
2.JPG

ペットショップは不健康なイメージ&生体販売に加担したくない思いと
人生初めての犬ですので、色々教えて頂けることも期待してブリーダさんからの購入を考えていましたが、
浜松のブリーダさんの情報がなく、神奈川や愛知まで含めてネットで調査。
半日は留守にするので、少し大きくなった子の方が安心かなと思っているとこの子を発見。
3.jpg
神奈川のブリーダさんで生後4か月少し前の女の子。

他にもいないかな・・・と探して1か月ぐらいが経過した年末近くになり、「やはりこの子にしよう」
とメールで詳細確認し、直接見て気に入ればそのまま連れてくるつもりで「年明けに見に行きます」
とメールしたら、2日前に来られた方が気に入ってその日に連れてちゃったってことで白紙に。

がっかりしつつも、とりあえず犬用グッズの方も見ておこうと年始休暇中に行ったのがここ
4.jpg
生体販売はしていないお店で、入口の掲示版で紹介(成約時、紹介料5000円)って形式でした。
掲載されていたのがこれです。もうすぐ4か月であの子と同じくらい。
5.jpg
ブリーダさんが浜松の方なら何かと聞きやすい。急いでお見合いをお願いしました。
で、出会ったのがチョコです。  ジャーン 登場。
6.jpg

抱いてもおとなしくしてくれていて、手をペロペロしてくれました。 でも、
シェルティを飼いたいと思っていたものの、実際に飼おうと思うまでは余り注視していなかったのが事実で
首周り・マズルのところに白い筋が入ってるっていう勝手な思い込みがあって、
カラーがちょっと少ないかな? 顔が茶色一色だなあ ってのが第一印象

IMG_0235x.jpg

前の子がダメになって、この子に会ったのも縁かな。
性格はよさそうだし、抱っこしてたらやっぱりかわいい・・・で、我が家の一員に決定。
名前は考えてなかったので、今の名前を確認したら「ちょっちゃん」ってこと。
「今の名前に近いのがいいねえ」「食べ物の名前が長生きする」ってことからチョコ(ちゃん)に決めました。

今では茶色の顔も(くどい)当たり前になって、この顔に毎日癒されています。
チョコのお陰で、譲って頂いたAさんや兄弟犬のお宅とのお付き合い、イベントへの参加など、
人との交流も広げてくれました。
CIMG6190.JPG
自慢になっちゃいますが、チョコは家庭犬としては最高レベル。(と思っています。)
一緒に暮らし始めてから「困った・直して」と思ったことを思い浮かべると・・・
散歩中の落ちている食べ物を拾い食いしちゃうこと。先に気が付いて駄目を掛ければ口にすることはないのですが、口にしちゃうと駄目を掛けてもモグモグしちゃうんですよね。
このぐらいです。あとは思いつきません。

買い続けてきた宝くじの最高当選金額は三千円、チョコ母も抽選に応募しても当選は殆どなし
と、くじ運のない我が家なのですが、チョコだけは大当たり。
長年の犬暮らしの思いが、チョコと巡り会わせてくれたのかなと思ってます。

昨年、ずっと聞こうと思っていた、前の名前「ちょっちゃん」の理由をAさんに聞いたら
「カラーがちょこっとだったから」だそうです。   納得。

何、文句ある?
7.jpg
posted by CHOCO at 21:31| Comment(1) | TrackBack(0) | チョコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

桃の節句&訓練

先週金曜は桃の節句。
卵ボーロのお雛様バージョンが売られていたので買って来ました。(人間用なのでチョコにはちょっとだけ)
チョコ母が作ったフェルトお雛様と一緒に撮影。    チョコはボーロに気が向いてます。
1.JPG2.JPG
長女の初節句にチョコ母の実家から頂いたお雛様はもう何年も出してませんが、
一緒に付いてきた羽織は直ぐ出せるところにあったので、チョコに着せてみましたが・・・
いやそうな顔。                         やっぱりボーロが気になっちゃいますね。
3.JPG4.JPG
おりこうに撮影させてくれたのでおやつを・・・ウマイ。  来年も元気で桃の節句をお祝いしようね。
5.JPG6.JPG

話かわってこの土日の話。
チョコ父と同町内で住んでいるチョコ父の両親もワンコと暮らしています。
ダックスとチワワのMIX。チワダックス?チワックス?の空です。
7.JPG
両親共に80歳を超えて、あちこち不具合が出てきていますが、特に父親の腰の痛みが酷く、
年末に大きな病院で診てもらったところ、腰の骨を削らないと痛みはとれないとのことです。

麻酔も進歩してきていて、手術は大丈夫だろうとのことですが、
1ヶ月ぐらいは入院することになると言うことで、ベットでボーっと過ごすことによるボケも心配。
そこで、母親に毎日病院に行ってもらって話し相手になってもらいたいのですが、自宅からは遠くて大変。
姉宅の方が近いので、姉宅で世話になって通ってもらう話になっていますが、問題は空。

姉もワンコ(モモ)と暮らしているのですが、心臓を患って安静が必要な状態。おまけに犬嫌い。
空は甘やかされて育てられたので、吠える・走る で、じっとしてません。
ということで、入院中はチョコ父が預かることにして、この土日で事前訓練をすることにしました。

両親の家を出る時は抵抗しましたが、引っ張って歩いたら諦めたのかチョコと歩きだしました。
チョコも特に変わりなく一緒に歩きます。
8.JPG9.JPG
チョコ父の家では緊張して、水もフードも殆ど食べませんでした。
夜はクレートに入れたら鼻鳴きをずっとしていて、チョコ父は寝不足。本番が思いやられます・・・。
CIMG0185.JPG
チョコが手が掛からないので、もう1頭シェルティ迎えて、多頭暮らしをしたい思いがあるのですが・・・。
元々、空を連れてきたのは姉で、「飼うのが大変になったら自分が引き取る」と言っていたのですが、
今は自分の体調が芳しくなく「モモで終わりにする」と言い出す始末。
両親も「仕方ない。面倒を見れなくなったら保健所へ・・・」とい言い出して、
最後はチョコ父が面倒みるしかないと思い、シェルティを迎えるのは我慢しています。
空は甘やかされて躾ができてないですが、3頭暮らしを目標に、1ヶ月の間で躾してみたいと思います。
CIMG0178.JPG
posted by CHOCO at 21:11| Comment(1) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村